恋するビリジアン

NO NINOUDE,NO LIFE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

耳がとれたと思いまちた。

見積もり先へ車で。到着。さぁ、行こうかねと。書類書類と・・・。
車の後部座席に置いた書類を取ろうと体を捻った瞬間に鈍い痛みが。
「つっ!」
左耳の後ろ辺りから生暖かい血がドクドクと溢れ出してきてYシャツを染めていく。
車のヘッドボードの脇から細いワイヤーが出てて、それで耳の後ろを切ったらしい。

それにしても失血の量が半端じゃない。ポタポタと血の垂れる音が聞こえる程だ。
恐る々バックミラーで確認してみる。・・・・あれ?俺イヤリング付けてたっけ・・・?
あ、これ剥がれた皮膚だ。ヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ

うわぁ、どうしよう。どうしよう、これ。
びょ、病院だな。うん、病院だ。救急病院に行かなきゃ。あわわわわわわ。

で、ここで気付く。
投げた途端ボークさんが車を止めた場所は救急病院の駐車場で。
見積もりで伺う訪問先は救急病院だった事を。「あ、病院ここじゃん」と。

え~と・・・これは。この状況は・・・。
運がいいのか悪いのかどっちなんですか?(分かりません

とりあえず傷口をハンカチで押さえて救急センターの入り口へ向かう。
『セブン』のケビン・スペイシーよろしく、血でまっ赤に染まったスーツ姿でロビーへ。
ドン引きの周囲の人達の視線を集めながら受付へ。

あの・・・。

「はい!なんでs(絶句)・・・。」

怪我しちゃいまして。

「み、みたいですね。」

耳の後ろを裂傷したらしいんですよ。

「ちょっと傷口を見せてもらいまs・・・・うわぁ。(絶句)・・・。」


い、痛っ。


とりあえず緊急手術を受けてきました。
局部麻酔を5本も打たれて。(しくしく
裂傷した時より麻酔を打たれた時の方が痛かったって、それはどうよ。
  1. 2008/06/20(金) 09:43:59|
  2. 日々の泡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<素朴な疑問 | ホーム | 性年の主張>>

コメント

うぅわ・・・

何か最近投げさん怪我多くないですか??気をつけたほうがよろしいかと・・・。
しかし出血・・・私その場に居たら気絶してたかも(生血苦手)・・・お大事に。

で、先の記事のレスを読ませてもらいました。よぉ、クンニマンwww
ていうか会社でクンニとかフェラとかミミズ千匹とかいう単語を平気で使うなよwwww
嫌いな理由はわかりました。成る程、トラウマですか。まぁ性癖は人それぞれですもんね。
「おいおい・・・」ってなんが好きな人も居ますからね。

ああ・・・そういや投げさんはフィンガーテクニシャンだったな・・・。
  1. 2008/06/20(金) 12:49:35 |
  2. URL |
  3. Lui #-
  4. [ 編集]

真面目な質問です

ボークさんは毎日保険証を持ち歩いている人なのですか?
  1. 2008/06/20(金) 14:27:48 |
  2. URL |
  3. トゥーラン #-
  4. [ 編集]

ルイさん_φ(゚ω゚*)

一応チミにも聞いておこう。言いだしっぺだからな。
生血は苦手とか言っちゃってますけど、男よりかは見慣れてるんじゃないの?

で、ようこそ。クンニマンのブログへ。(だから言うなーっ

まぁ、さすがにね。デスクを挟んでそういう会話はしませんよ?
喫煙ルームとかでね。なんか自然とそういう会話になる事が多いかなと。
とはいっても低次元でさー。「○○子はギリで出来る」とかそういう類いのやつ。
「バイバイ♪」って手を振った時の二の腕がいいっスよねー。とか言ったら確実に引かれる。
  1. 2008/06/21(土) 16:42:20 |
  2. URL |
  3. 投げた途端ボーク #-
  4. [ 編集]

トゥーランさん_φ(゚ω゚*)

ん?
や、持ち歩いていませんよ。
総額で1万5千円ほど掛かりましたけどね。
「後で保険証を持ってきて云々~」とは言われなかったの。
初めの受付時に「労災で処理しますか?」と言われたんでその方向で。
  1. 2008/06/21(土) 16:42:53 |
  2. URL |
  3. 投げた途端ボーク #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://passinghorse.blog123.fc2.com/tb.php/158-3ce98817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。