恋するビリジアン

NO NINOUDE,NO LIFE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

それは、ほんの些細な事だけれども。

夕刻、車を駐車場に入れてバックでクリンと停めたと同時に。
真上の大木からセミの声がして。
あぁ、まだいるんだ。仲間とかいそうも無いこの時期なのに。
間が悪いというか、不器用というか、お前は俺かと。

お孫さんだろうか。
小さい女の子をオンブしながら歩く初老の男性とすれ違う。
なんとはなしに振り返って見てたら。
寝てると思った女の子は、その初老の男性の右耳をクイクイと引っ張て。
と同時に初老の男性が道を右に曲がる。
ちょっと胸が熱くなった。いいもん見ちゃったな。

高校の同窓会に出た時に言われた言葉を唐突に思い出す。
あの頃の僕はいつも教室に1番乗りで。
静かな教室で文庫本を読み耽るのが1日で最も好きな時間だった。
次第に喧騒と共に続々と登校してくるクラスメート達。
僕はその1人1人に「お早う」と挨拶をしていた。

「学校に行くのが本当に嫌で嫌で堪らなかったの。」
彼女はそう言った。
「とても辛かったの。だけど毎朝ワタシに声を掛けてくれるのが嬉しくて。」
・・・声を掛けてたのは・・・ただ単に間が持たなかっただけなんだが・・・。
「貴方の朝の挨拶がワタシの心の支えだったのよ。」

多分、
誰かが誰かを、
その人が知らないうちに幸せにしている事ってあるんだと思う。きっと、ある。
  1. 2008/09/10(水) 20:42:01|
  2. 日々の泡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<雷の影響で | ホーム | 世田谷線>>

コメント

自分では何気ない事でも、それが受け止める側には凄い事ってありますよね。

ネットであろうとリアルであろうと、実際に会った事がなくても通じ合っている・・・と思ってる人達がいて。
ぱんだには、どちらも大事な人達で。
分け隔てなく本気で怒る時は怒ったり。
心配する時は心配して。
それはぱんだの中では、極々当たり前の事だと思って接してるのだけど。
そうじゃないらしい・・・と最近アドバイスして泣かれた時に云われた事がありますね。。。
  1. 2008/09/11(木) 07:24:39 |
  2. URL |
  3. ぱんだ #-
  4. [ 編集]

改めて読んで

涙がポロポロ出た・・・。
投げ兄さんにとってはほんの些細な事だったんだろうけど、その同級生の女性の方にしたら投げ兄さんの「おはよう」というひと言が本当に本当に嬉しかったんでしょうね。
向こうはそんな意識してやってるわけではないんだろうけど、受け取った側にしたらそれが本当にすごく嬉しかったり心強かったりするものなんだよね。

何か・・・投げ兄さんとブログ繋がせて頂いてるのが嬉しくなったなぁ。
そもそも私の旧ブログの10000HITのキリ番を踏んだとこから出会ったんだよね。
正直、その時のブログが超オタク向けだったんで、一般人である投げ兄さんに受け入れられるかどうかが心配だったんだけど・・・。
でも兄さんのブログを読ませて頂いてると、「この人は悪い人じゃない」って思えてきて。実際、「別に気にしない」って言って下さったもんね。

笑うところは腹痛起こすほど笑わされたり、泣かせるところは鼻水出るほど泣かされたり・・・そんな兄さんのブログが大好きです。
改めて、これからも宜しくお願いします。
  1. 2008/09/11(木) 18:18:09 |
  2. URL |
  3. Lui #-
  4. [ 編集]

訪問ありがとう御座います^ω^
なんか読んでて胸が温かくなりました。
些細な事でも人を優しい気持ちにさせる事も出来るんですね♪
では、よかったらまた来てくださいね☆
  1. 2008/09/13(土) 21:01:04 |
  2. URL |
  3. 楓樹 #-
  4. [ 編集]

ぱんださんφ(゚ω゚*)

なんかさ、投げボーさんの場合そういうの多いの。
言った事すら憶えてないという事が。(笑)

なのに、相手がいつまでもその言葉を大事に抱えていてくれてね。
「あの時、言ってくれた言葉が嬉しかった。」みたいな。
繰り返すが、本人は全く憶えが無い。(わはは

思うに、他意が無いからじゃないかと。
こういう事を言えば相手が喜ぶだろうという他意ね。
あぁ、そうか。だからこそ響くんだなと。計算されてない言葉だから。

だからさ。
ぱんださんが極々当たり前の事だと思ってしている事も同じで。
貴方って、ほら。義を重んじる所があるから。仁義の義ね。
男気ともいうな。(笑)
ぱんださんがそういう性分なのは投げボーさん知っているから別に驚かないけどさ。
普通にブログ読んでる人には解らないだろうなと。
そりゃアクション起こされた相手はビックリするだろうなと思うわけ。
あまりの男気に。(わはは

損な生き方だと思うけど、ぱんださんのそういう真っ直ぐな所は好きです。はい。
  1. 2008/09/22(月) 22:48:18 |
  2. URL |
  3. 投げた途端ボーク #-
  4. [ 編集]

ルイさんφ(゚ω゚*)

感動的なコメントを頂いたというのに。
放置してしまって申し訳ありませぬ。
パソコンさんが御機嫌斜めでしてね。

アイフォンからとか会社のパソコンからも返信しようと思えば出来たんだけどさ。
なんか、こう、片手間で返信をしたくなかったんですよ。

ちなみにあれです。
片手間というのは、チ○コさんを片手に持ちながらという事ではありません。
解ってますか、そうですか。台無しですか、そうですか。

ただ1つだけハッキリ言える事がありまして。
ルイさんのコメントが無かったら・・・多分ここまでブログ続けてないんじゃないかと。
そんな気がします。
  1. 2008/09/22(月) 22:49:27 |
  2. URL |
  3. 投げた途端ボーク #-
  4. [ 編集]

楓樹さんφ(゚ω゚*)

ようこそお越し頂きました。
こんなバカなブログに。ある意味チャレンジャーですね。(笑)

そっか・・・。
ブログの設定で〝訪問したら足跡を残す〟にしていると、
逆訪問してくれる場合もあるんですね。
すいません。今度伺った時はコメント残しますので。有難う御座いました。
  1. 2008/09/22(月) 22:50:20 |
  2. URL |
  3. 投げた途端ボーク #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://passinghorse.blog123.fc2.com/tb.php/203-dd66a6a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。