恋するビリジアン

NO NINOUDE,NO LIFE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バカだろ、アメリカ人て。

最近の洋画って、あの例の禁止用語がやたら頻繁に出てきやしないかと。
いわゆる「ファ○ク!」やら「ファ○キン!」とか。
以前なら語尾に「ファ○キュー!」で済んでいたものが。もぅなんかやたら。

どういう事かというと例えば↓これね。

「ダンカン、早く車を回してこいよ!」

これを英訳すると↓こうなって。

「Duncan,Turn the car to this place early!」

前なら、early!の後ろにあのお決まりの「ファ○キュー!」だったものが。
最近はまるでラップのような感覚で接続詞みたいに挟んできやがるなと。

「Duncan, Turn the(fuck'in!) car to(fuck'in!) this place early!(fuck!)」

普通にね、言いにくいんじゃなかろうかと。
  1. 2008/10/28(火) 12:46:26|
  2. 日々の泡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最近の はまってるもん | ホーム | 何の変哲も無い住宅街の中ににあります>>

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://passinghorse.blog123.fc2.com/tb.php/229-48d55fc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。