恋するビリジアン

NO NINOUDE,NO LIFE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4月の午後の優しい風

信号待ちで、ふと横を見ると歩道でバスを待っていた親子連れが。
つばが広いまっ白いコットン地の帽子がお揃いの3人連れ。
バス停の上は桜の大木が満開だ。

幼い兄弟のお兄ちゃんの方が風にあおられた桜の花びらに手を伸ばす。
両手を突き出して、手のひらを思いっきり広げて。
弟くんもそれを見て。
両手を突き出して、手のひらを思いっきり広げて。

お兄ちゃんが振り返ってお母さんに何事かを言う。
お母さんは一瞬ちょっと困ったような顔をして、そして微笑みながら頷く。

クラクション。

前を見る。青だ。とっくに信号が変わっていたのに気付かなかった。
後方の車に右手で「スマン」と手を挙げながら発進。

ハザードをピッと2回光らせてスピードを上げて桜並木をくぐって窓を開けて。
手を伸ばして風を感じて手のひらを思いっきり広げて、優しい気持ちになって。





Won't Give In

本日のBGM Won't Give In / Finn Brothers
  1. 2009/04/16(木) 00:37:54|
  2. 日々の泡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<失言 | ホーム | 初めてAA見て泣かされた>>

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://passinghorse.blog123.fc2.com/tb.php/299-c22e4f5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。