恋するビリジアン

NO NINOUDE,NO LIFE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アコギ1本担いでいくぜ

や、キカイダーの話じゃありません。歳がバレますよ。(俺の

最近いわゆるフォーク系の音楽に興味がいってまして。
そう、ギター1本でステージングが成立してしまう人達に。

そんな訳でこの日々の情報収集で磨き抜かれた、
おっぱい音楽レーダーでキャッチしたお気に入りのアーティストをば。

Have You Ever


Have You Ever / Brandi Carlile

Closer to You / Brandi Carlile

今のとこ彼女のキャリアで最大のスマッシュ・ヒットした曲が、
轟音ギター鳴り響くオルタナティブ寄りの『The Story』という曲。
が、彼女の持ち味は何といってもトラディショナルな曲でこそだと。
子供の頃から親の影響で、
昔の60年代どカントリーを聞いて育ってきただけの事はあるなと。

ちなみにT-ボーン・バーネットさんのプロデュース。
もぅほんとこのおっさん(失礼だから)は良い仕事をする。
The Wallflowersの『Bringing Down the Horse』とか。
Gillian Welchの『Revival』とか。
13年前に出されたCDなのに、この2枚はいまだによく聞いてる程。

ところでここまで「これ良いです」と書いておいて何ですが、
彼女のCDはまだ日本でのリリース先が決まってません。(わはは
AmazonやHMVで海外発注どぞー。(えぇ


Amelia


Amelia / Lucy Kaplansky

Don't Mind Me / Lucy Kaplansky

正統派のオールド・フォーキー・プレーヤー。
1960年ニューヨーク生まれ。て、若いなぁ。
2007年に出したアルバムがとにかく素晴らしくて。
あと二の腕も素晴らしいです。
表題曲の『Over the Hills』が持つ普遍性には涙します。
で、あの、ここまで書いておいて何ですが。(まさか・・・
日本盤は発売されていませんので海外発注どぞー。(これもか
  1. 2009/08/27(木) 22:10:32|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<後輩からのメール | ホーム | 大人だから一時の感情に流されたりしないのさ。>>

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://passinghorse.blog123.fc2.com/tb.php/401-7b6e7c9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。