恋するビリジアン

NO NINOUDE,NO LIFE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

観覧車がある街

会社帰りに少し遠回りをしていこうと車を走らせる。
いつもはバイパスの途中で曲がってしまうが今日は真っ直ぐ。

雨模様だったけど多摩テックの観覧車はハッキリと見えてた。
確か今日が閉園日だったはず。
あまり近付いてしまうとセツナイので手前で曲がってバイバイ。

初めて訪れたのは、18歳でこの街に引越してきた時の事。
あの頃は目に見える全てが輝いてたような気がする。

明日以降だってそこにしばらく観覧車はあるだろうけど。
とりあえず色んな思い出を紡いでくれたお礼も込めてサヨナラを。





I Feel Weird 

本日のBGM

I Feel Weird / Steel Train

USインディーバンドの雄、Steel Train(スティール・トレイン)
2005年に出た前作が、どカントリーな地味アルバムだったのに。
2007年のアルバムでは、
いきなり確変の如くカラフルなメロディアス志向になっていて。
以来、このアルバムはフェイバリットになった。
特に冒頭を飾るこの曲の歌い出しの歌詞が好きだ。
When i was eighteen everything was alive
(僕が18歳だった時には全てのものが生き々としていた)

僕もそうだ。ただ、あの頃は良かったとか言うつもりはないけどね。
  1. 2009/09/30(水) 23:27:34|
  2. 日々の泡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<この時期、注意しなければいけない事。 | ホーム | ;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン>>

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://passinghorse.blog123.fc2.com/tb.php/424-c324fad1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。