恋するビリジアン

NO NINOUDE,NO LIFE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高すぎる山なんてない

No One (Can Ever Change My Mind) 

No One / Stefanie Heinzmann

シュテファニー・ハインツマンの2ndアルバム。
スイス生まれでドイツのレコード会社からデビューした20歳。
そしてジャンルのカテゴリーはソウルという面白い存在。
投げボーさん的3大眼鏡美人さんの1人。
(他の2人はリサ・ロエブアナスターシャ

可もなく不可もなくといった感じの優等生な2ndアルバム。
まぁ、ある意味この人はもう完成されてるから、
1stのMasterplanの延長という感じは致し方ないといったところか。

Revolution

Revolution / Stefanie Heinzmann

それにしても2ndのジャケットのアート・ワークがヒドイ出来。
もうちょっと何とかならなかったのかなぁ。

でも個人的に嬉しかったのはモータウンの超名曲のカバー。
Ain't no mountain high enoughと、
since you've been gone (baby, baby, sweet baby)の2曲。
特にAin't no mountain high enoughとかこれもぅズルイ。反則。

Ain't no mountain high enough / Stefanie Heinzmann

原曲はマービン・ゲイとタミー・テレルで1967年リリース&大ヒット。
1970年にダイアナ・ロスがカバーしてこれもヒット。
ダイアナにとってはソロ転向後の最初のビッグ・ヒット・チューンに。

最近では13歳の新人ディオンヌ・ブロムフィールが、
1stアルバム「Introducing Dionne Bromfield」でカバーしてた。
名前からてっきりディオンヌ・ワーウィックの親戚縁者かと思ったが。
あの、ほら。ホイットニー・ヒューストンみたいな。
でもどうやら芸名らしい。
プロデュースしてるビッチエイミー・ワインハウスが名付け親ですと。
ま、紛らわしいなおい。

Dionne Bromfield

Ain't No Mountain High Enough / Dionne Bromfield

で、両者の素敵カバー度だとシュテファニー姉さんの方に軍配か。
タイトでスピード感があって艶もあって。さすが20歳。

ちなみに最も好きなAin't no mountain high enoughのカバーは。
映画「天使にラブソングを2」でのエンド・ロールのやつ。
テレビ版だとカットされてしまう部分。ローリン・ヒルがキュートだな。

Sister Act 2 - Soundtrack

Sister Act 2 - Soundtrack
  1. 2009/11/05(木) 21:58:36|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<昨夜の献立 | ホーム | 冷蔵庫を買って4年目>>

コメント

同意。

シュテファニー・ハインツマン(ステファニーじゃなくて?)のカバーの方がいいね、うん。

ディオンヌ・ブロムフィールを聴こうとクリックしたらエイミーさんがドーンと出てきて笑ったw
アレンジがエイミーさんっぽいですね。
影響受けるのは音楽だけだといいのですが(汗

ディオンヌ・ワーウィックと親戚だったら○○・ワーウィックになるのではないかと思いました。ハイ。


  1. 2009/11/06(金) 01:09:24 |
  2. URL |
  3. ame #-
  4. [ 編集]

ameさんφ(゚ω゚*)

>親戚だったら○○・ワーウィックになるのではないかと思いました。

あw

う、うっわー。これは恥ずかしい。(笑)
この辱めをどうしてくれるの!(微妙に古い
やー、
前にもホライズンを朝焼けと違訳して指摘された事があったなぁ。
確かその時もameさんで。でもあの時はコメント欄での遣り取りで。
まだ、こう、傷とか浅かったんだけど。
・・・うん、衛生兵を呼んでください。(つまり重症

>ステファニーじゃなくて?

このアーティストがUKとかUSAのレーベルからデビューしたので
あれば迷いなくステファニーと表記したんですけどね。
ほら、ドイツでしょ。そうなるとドイツ語読みになるのかなと。
ドイツ出身のテニス・プレイヤーのSteffi Grafって、
ステフィーとは呼ばれてないでしょ。シュテフィ・グラフ。

ふふん。勝った。(何にw

一応、学生の時にはドイツ語を専攻していたのでね。
ほ、本当だよ。嘘じゃありません。しゃうえっせんはいねけん。
  1. 2009/11/06(金) 11:42:35 |
  2. URL |
  3. 投げた途端ボーク #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://passinghorse.blog123.fc2.com/tb.php/448-df987b4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。