恋するビリジアン

NO NINOUDE,NO LIFE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本日のBGM新春特別増刊号の巻

いつもマイナーな人達をこれでもかとピックアップしていますが、
今回は拡大版という事で更にマイナーを掘り下げていこうかと。

で、マイナーか否かの基準として。
ウィキペディア(Wikipedia)に載っていないというハードル、
それを設けて紹介していこうかなと。
それだけでもう充分マイナーな要素を満たしきっていると思うので。

それじゃ1発目はあのアマゾンですら取引がされてないバンドから。

Emily

Emily / Paraluman

フィリピンのバンドで2008年に出たデビュー・アルバムから。
そしてこれはデビュー曲。
とにかくアルバム『IN LAB!』の出来が素晴らしいのです。
1曲目のEmilyから6曲目まで全てシングル級のキラー・チューン。
メロディー・メーカーとしての資質は相当なものがあるかと。
アレンジもいいし、バンドとしての音もこなれているし。
もしかしてあれか。曲は外部発注でそれからCDでの演奏は、
実はスタジオ・ミュージシャンとかそんなオチなのかな。
そんな勘繰りをしてしまうほど素晴らしい。
これちゃんとプロモーションすれば世界的に売れると思うんだが。


Monoplain 

Monoplain / Susan Enan

彼女の場合、何故ウィキに載っていないのかが分からない。
それなりのキャリア(1990年の後半からバンド活動)もあって、
海外ドラマ『BONES』の挿入歌として取り上げられたりしてるのに。
ただそれまでEP盤を何枚か出してはいたが、
この曲が収録されているアルバムがデビュー盤だったりします。
10年ものキャリアの集大成だから悪いはずが無いのだが、
このアルバムがこれまた素晴らしい出来で。
去年でたアルバムの中では個人的にですがベスト5に入っています。


Count On Me 

Count On Me / Lucy Schwartz

Blue Sky 

Blue Sky / Lucy Schwartz




メグ・ライアン主演『The Woman』のオリジナル・サウンドトラック盤。
その1曲目に参加しているにもかかわらずのノー・ウィキ扱い。
Blue Skyという曲が収められてるアルバム『Winter in June』が、
彼女のデビュー・アルバムで2007年リリース。アメリカのSSWさん。
当時17歳とか、とんでもない才能の持ち主だなと思うのです。はい。


WeakDays 

WeakDays / Young and Divine

この人達もノー・ウィキ。(流行るよ、これ
日本発売もされてるワールドなバンドなのにカワイソス(´;ω;`)ウッ


Sharlene Hector

I Wish I Knew How It Would Feel To Be Free / Sharlene Hector




さて。
最後となりましたがこの人に至っては本当にマイナーな存在で。
UKのBasement Jaxx(ベースメント・ジャックス)や、
Reel People(リール・ピープル)等のダンス・ユニット関連作品に、
ゲスト・ボーカルで参加している所を見るとイギリスの人なのかなと。

この曲は以前にオリンピックだかワールドカップの開催時期に、
世界中で流れたコーラのCMソング。本人出演Ver.もあります。
これ↓



他にこのCMは、スペインVer.フィリピンVer.とあって。
フィリピンVer.に出てる人はハイスクール・ミュージカル2に出てた人。
これ↓




まず何故このCMにシャーリーン・ヘクター本人が起用されたのか。
色々と海外サイトを飛んだのだが結局分からなかった。むう。
更にいえばこの人がどういう経緯で、
プロのシンガーになったのかさえも分からずじまいだったり。むむう。
ここ見てもサッパリ。

そんな分からない事だらけでありながら、
この曲の仕上がりはとても良くて。
元々、原曲であるNina Simoneヴァージョン(1967年リリース)も、
好きな曲だったのでこのリ・アレンジされた曲は格別なものに。
未だに車を運転する時のフェイバリット・ソングはこの曲だもんなぁ。

そういえばこの人がヤフー知恵袋で探してる曲は、
シャーリーン・ヘクターさんのこの曲ではないかと思うのだが果たして。
  1. 2010/01/06(水) 22:46:13|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<多分、今、絶好調な子。 | ホーム | 備えよ、常に>>

コメント

埋もれてますね~

メジャーでないのにこのクオリティ。
どうして大っぴらに売れないのでしょうね?
どれも好きだわ~

特にLucy Schwartz (17歳て!)、いいですね~~!この映画「The Women」、メグ・ライアン主演ていっても日本未公開ですよね。DVDにすらなってないみたいだし。。

あとYoung and Divineもツボでした♪

そうそう最初のフィリピンのバンドですけど、音源だけ聴くとめちゃくちゃキャッチーだし、世界的に売れててもおかしくないですね。
でもなんだろうな・・・やっぱり日本のバンドでも英語で歌ってこのクオリティでプロモーションをちゃんとしたとしてもですよ、世界的には売れないですよね。
やっぱね、アメリカイギリスで売れてないと「世界的に」とは認められないじゃないですか。
アジアのバンドはこういうのを求められてないっていうか。うーん。

メジャーへの道のりは遠いね。
メジャーだったらいいわけじゃないけど。
  1. 2010/01/07(木) 16:45:53 |
  2. URL |
  3. ame #-
  4. [ 編集]

ameさんφ(゚ω゚*)

最近ウィキに載ってないとガッツポーズしてる俺がいます。
勝った!て。(何に

やー、
それにしてもやっぱこの記事に反応したのはameさんかぁ。
「うはっww誰この人wwww全然知らないwwwwww」
というのでテンションが上がるのはもうこれしょうがない訳で。(笑)
お互いにメンドクサイ大人になってしまいましたねと。
ただ俺にとっては心強いです。あぁ、他にもいてくれると。(わはは

UKやUSA圏以外のアーティスト達のプロモーションは、
やはり世界中に居るであろうオタク連中を、
狙っていくのがベターなんじゃないかと思うのです。
そういった意味でパフィーは上手いこと立ち回ってるなと。
この前なんかフランスのアニメ・フェスに出てたよ。
ナルトの主題歌関連で。

でも最近思うんだけど以前よりかはボーダーレスになってきている。
また追々ピックアップしていくけど、
ドイツとか台湾とかスペインとかで面白いバンドが次々出てきてるし。
なんか英語のイントネーションが変だなと思ったら、
マレーシアのバンドだったりとかがよくある。

そこらへん世界のサッカー事情に似ているんですよね。
コートジボワールみたいな小さな島国の選手が、
イギリスのプレミアリーグで得点王になっちゃう時代だから。
まぁ、ameさんサッカーとかこれっぽっちも興味ないだろうから、(笑)
この話は膨らまさないけど。
  1. 2010/01/08(金) 22:25:32 |
  2. URL |
  3. 投げた途端ボーク #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://passinghorse.blog123.fc2.com/tb.php/488-4a707d52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。