恋するビリジアン

NO NINOUDE,NO LIFE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

14年ぶりの歌声

酒井麻友子

お月さま / 酒井麻友子

1996の年7月リリースのデビュー・シングル。
当時も今もお気に入りの1枚です。
曲も詞も良い。アレンジと演奏も。
ちなみに作詞作曲は彼女自身で編曲は佐久間正英。

あと何といっても少しハスキーな彼女の声がいいなと。
加えてべらんめぇ調の歌い方。
今なら椎名林檎や阿部真央とかいるけど当時は稀有な存在で。
これは凄い新人が現れたなと。
カップリングの曲はブルージィーなR&Rでこれもカッコイイ曲。
こちらは作詞が彼女で作曲は杉浦哲郎。

届かないラブソング / 酒井麻友子



ジャケットの髪型(後にカツラと判明)の雰囲気から、
和製ジャニス・ジョプリンをイメージしたけど、
そう感じたのは俺だけだったようで。
数少ないメディアの露出では期待のSSW登場という括りだった。

で、その三ヵ月後にリリースされた2ndシングル。

You / 酒井麻友子



これがねー。イマイチだった訳です。はい。
なんか普通のポップスだし。
もうちょっとロック寄りなアプローチでくるもんだと思ってたから。
「あれ?」と。
俺の中では凄い盛り上がりをみせていたので、
肩透かしをくらった気分で。

デビュー曲のあまりのクオリティーの高さに(カップリングも含めて)
当然次の曲も素晴らしいだろうと。
ジャニスばりの熱いガツンとしたやつでくるだろうと。
そういうコチラ側の勝手な思い込みによるズレ。
当時の俺にはそのズレが結構な衝撃だったようで、
そのすぐ後に出された彼女の1st.アルバムは購入していない。
それ以降、彼女の名前を目にする事もなかった。

ただ最初にも書いたようにデビュー曲はお気に入りなので。
CD→MD→iPodとハードが代わってもこの曲はリストに残っていった。

そして、ある日突然、彼女の訃報を知る。
2004年の9月11日。飛び降り自殺だった。享年32歳。

どういう経緯でそうなってしまったのかは知る由もないが。
ただただ残念だなと。
以来、中古CD屋などを覗く時は彼女のアルバムを探している。

そんな折。
あるインディー・バンドのアルバムに彼女のクレジットが。
PAINTBOXというジャパニーズ・ハードコアの3rdアルバム。
実はこのアルバム、
元々のリリース予定日が2002年の3月だったのだが、
メンバーの薬による逮捕やギタリストの突然死により頓挫していた。
特にそのギタリスト(CHELSEA)はバンドのコンポーザーでもあった為、
アルバムは永久に出されないものだと。
が、出た。奇跡的といっていい。それが去年の6月の事。

彼女はこのアルバムでボーカル&コーラスで参加していた。

月夜野

月夜野(A FIELD IN THE MOONLIGHT) / PAINTBOX

これも又、
どういった経緯で彼女がこのアルバムに参加したのかは分からない。
けれど物凄い細い糸であったかもしれないけど、
その糸が切れずにこうやって俺の手元に、
彼女の声として、
届けられた事に感慨深い想いを抱かずにはいられない。

それにしても14年ぶりに聞く彼女の声は艶があって素敵だった。

  1. 2010/03/05(金) 23:59:17|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シャーベット状のアスファルトに、 | ホーム | 愛羅武勇>>

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://passinghorse.blog123.fc2.com/tb.php/529-50614c24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。