恋するビリジアン

NO NINOUDE,NO LIFE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

光の渦

この時期になると何故か目に飛び込んでくるものの一つに、
真新しいスーツをまとった新社会人というのがあって。
スーツを着てるんじゃなく、
スーツに着られてる感とでも言いましょうか。
ぱっと見ですぐ分かるから不思議といえば不思議なんだが。


涙の旅路


涙の旅路(SLTS.Ver) / 初恋の嵐


初恋の嵐というバンドのデビュー・アルバムから。
2002年の8月リリース。
その5か月前にVo.の西山達郎が急逝した為に、
デビュー・アルバムにしてラスト・アルバムになってしまった。

この曲の歌詞に、

恐れを知らない者は ただ美しく きらきら光っているのだから

というのがあって。

僕はこの曲を聞く度に、あぁ、あの光だと思う。
新社会人達が放つ初々しい光の煌めきだなと。

新しい環境で、ペース配分とかまだ分からないから、
きっと一日が終わる頃には廃人のようになっているのだろうが。
歯を食いしばってでもガムシャラになる時期ってあると思うんだ。
だからガンバレ新社会人。
自分には見えないけれど、きらきらとした光をまとえるのだから。
そしてそんなの今しかないんだぜ、
とすっかり光らなくなってしまった大人がポツリ。
  1. 2010/04/18(日) 01:46:27|
  2. 日々の泡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コピペ | ホーム | 先週の投げボーさん的悲しみ事件簿No.1は・・・。>>

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://passinghorse.blog123.fc2.com/tb.php/557-7bad6c78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。