恋するビリジアン

NO NINOUDE,NO LIFE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新年早々親戚みんなで集まっての新年会での事

去年の暮れに叔母の隣家に空き巣が入ったそうで。
まぁ、大変。とばかりに皆その話に喰い付く。
ちなみに叔母は投げた途端ボークさんの母親の妹にあたる。

叔母の話によると、
その隣家は周りを高いブロック塀で囲まれているらしく侵入経路が容易では無い。
が、犯人は大胆にもハシゴを使っての侵入だったそう。
丁度その隣家さん宅は家族で旅行に出掛けている留守状態で、かなりの被害額だったと。

「怖いわねぇ」

「物騒ねぇ」

「やぁーねぇー」

話はここで終わらない。
なんと叔母はその犯行時間帯にその隣家の前を通っていたという。
ハシゴが立て掛けてあったのを見た、と興奮しながら話す。家政婦か。

「で、無事だったの?」

と、訳の解らない事を言い出したのは投げた途端ボークさんの母親で。無事って。何が。

大体そんなハシゴがある事自体に疑問を抱かない方がおかしいと思うのだが、
叔母は隣家の人が高枝を切る為に用意したものだと思ったので不審を感じなかったと。

「でもよく考えてみれば隣家の人から留守にするから宜しくね、って言われてたのよねー。」

叔母、まさかのアシスト。

更に叔母の話は続く。
出掛けたのは近所の郵便局で、ものの30分位で自分の家に帰ってきて。
ふと見ると、先程のハシゴが風か何かのせいで倒れていたらしい。
あらあら大変ねと又元通りに立て掛けておいたと。

「で、無事だったの?」

母ちゃん・・・・・。
流石にここは長男としてツッコミを入れるべきかと逡巡していたところ、
今まで横で黙って聞いていた投げた途端ボークさんの妹が口を開く。よし、いけ。我が妹よ。

「で、無事だったの?」

だから、何が。(心の叫び
  1. 2008/01/16(水) 20:48:42|
  2. 日々の泡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<貰ったコメントを記事にしてみたり | ホーム | 愛する君へ>>

コメント

遊びに来ました♪

初めまして♪グロブと申します。
うん!楽しいご家族に囲まれての毎日
とても他人事とは思えません。
私も日々珍事件に遭遇させられます。
最近こちらもそんなことに麻痺してきました。
  1. 2008/01/17(木) 00:46:40 |
  2. URL |
  3. グロブ #-
  4. [ 編集]

グロブさん_φ(゚ω゚*)

わざわざ御足労して頂き、誠に有難う御座います。
この様なオバカなグロブ(おっとw)・・・ブログですが、
宜しくお願い致しまする。

世の中には2通りの人のパターンで構成されているそうです。
空回りをする人と、その空回りに巻き込まれる人。
ええ、ええ。お互いに確実に後者でしょう。(笑)
もう、宿命と思って諦めております。麻痺とも言いますね、はい。
  1. 2008/01/17(木) 17:31:32 |
  2. URL |
  3. 投げた途端ボーク #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://passinghorse.blog123.fc2.com/tb.php/60-84c3ddc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。